トップ >クラブ・ルネサンス> 住宅購入マネーガイド / VOL.7 住宅を購入したら生命保険を見直そう!

住宅購入マネーガイド:憧れの我が家を手に入れるためのマネープランをアドバイスします Vol.7「購入したら生命保険を見直そう!」

マイホームを購入したら保険の見直しをしましょう。というのも、住宅ローンの契約のとき、一般に「団体信用生命保険」とよばれる保険に加入するため、従来の生命保険を見直して、保険料を減らすことができるケースが少なくないからです。

団体信用生命保険とはどんな保険?

住宅ローンの契約の際に加入する「団体信用生命保険」とはどんな保険ですか?

「団体信用生命保険(以下、団信)」は、住宅ローンの契約をした人が死亡したり重い障害を負ったりした場合に、残りのローンを完済するための保険です。

ただし、団信も生命保険の一種なので、健康状態によっては加入できないケースもあります。独立行政法人住宅金融支援機構が提供している「フラット35」のように団信への加入が任意の住宅ローンもありますが、加入しない場合は万が一のときにもローンが残り、家族は返済を続けることになります。

すでに生命保険に入っているのに、あらためて加入しなければならないのですか?

一般的に、団信に加入することが住宅ローンの契約条件となっているので、すでに生命保険に入っていたとしても団信への加入は必要です。ただし団信に加入した分だけ保障は重複することになるので、すでに加入している生命保険を見直して保険料を減らすことができます。

保険を見直して家計をスリムに

そもそも今までの保障がちょうどいいレベルなのか分からないのですが…?

「人にすすめられるままに入った」「新入社員のときに入ったまま」というケースも多い生命保険。この機会に見直して、家計のスリム化につなげたいですね。

“ちょうどいい大きさの保障”は「必要保障額」とよばれます。必要保障額は、将来の生活費・教育費など支出の合計から家族の給料・公的年金など収入の合計を差し引いた額と考えられています。下に示したAさんの例では、団信に加入したので住居費を考慮する必要がなくなり、その分保障を下げることができます。

イメージの湧きにくい教育費や公的年金額は、財団法人生命保険文化センターのWebサイトなどが参考になります。また一部の保険会社では、Web上で利用できる必要保障額のシミュレーション・ツールを提供しています。

必要保障額のイメージ

病気をカバーする団信も

保険といえば「医療保険」にも加入しているのですが、こちらの保障を減らしても大丈夫ですか?

医療についてはむしろ保障を増やす必要があるかもしれません。というのは、一般的な団信に加入することで死亡や高度障害には対応できても、病気で入院するなどしたためにローンの返済が苦しくなるような状況には対応しきれないからです。

最近では、死亡や高度障害だけでなく三大疾病や七大疾病、失業などをカバーしたり、健康状態に不安がある場合にも加入できるユニークな団信も登場しています。さまざまな状況に対応する団信はその分の保険料が上乗せされることになりますが、医療保障の役割も兼ね備えていると考えるなら便利かもしれませんね。

(2010年4月現在)

首都圏の新築マンション、分譲マンション、新築一戸建て、不動産情報のことなら不動産総合デベロッパーの新日本建物へ